オフショア開発におけるプロジェクトマネージメント /石田徹郎 & 富田浩

セッション概要

昨今のIT人材不足や、開発費の高騰によりシステム開発をオフショアで行う会社が増えています。
独立行政法人情報処理推進機構の調べ(2012年)では、日本企業の約45.6%がオフショア開発を
導入しています。
一方、オフショアで開発をしたが成果物が期待はずれだったとか、納期に完成しなかったとかの
失敗例もよく耳にします。
本セッションでは、弊社が手掛けたオフショア開発経験からオフショア開発プロジェクトを成功させる
ためのヒントや失敗例を共有して、皆様のプロジェクト管理のお役にたてればと思います。

【対象者】
オフショア開発、あるいは自社・協力会社様とのリモート開発を管理するマネージャを対象としています。

プロフィール

写真:石田 徹郎(いしだ・てつろう)
石田 徹郎(いしだ・てつろう)

株式会社KPIソリューションズ

代表取締役 兼 CEO

2014年、JAISTおよび産学官共同研究事業

「ソーシャルネットワークにおけるクラスタリング・テクノロジー応用システムの商用ASP化」を主管。
2005年の経済産業省F/Sおよび通信キャリアとのR&D、さらに文部科学省知的クラスター創生事業へのサポート参画等を経て、
2006年、株式会社KPIソリューションズを設立、現在に至る。


写真:富田 浩(とみた・ひろし)
富田 浩(とみた・ひろし)

株式会社KPIソリューションズ

VAX11を手始めに、メインフレーム、ワークステーション、そしてパーソナルコンピューターと
30年以上に渡りコンピュータの変遷を見てきました。そして、その間ほぼプレイングマネージャー
としてシステム開発に携わってきました。現在は、株式会社KPIソリューションズにて自社サービス
の開発および運用に従事しております。