セッション概要

せっかくプロセス改善のためにツールを導入したのに「負担が増えるから…」と言われて使ってもらえなかったことはないでしょうか。
私たちも同じ悩みを抱え、失敗を繰り返してきました。 そんな中、Backlogというツールに出会ったことをきっかけに、改めて組織の課題を見つめ直しました。
「今の自分たちにできることは何か?Backlogのポテンシャルを活かすにはどうすればよいか?」を考え、これまでとは違ったアプローチでプロセス”快善”に取り組んだところ、職場に変化が起き始めました。
“大都会”岡山で始まった、大企業ともベンチャーとも少し違う取り組みをご紹介します。

プロフィール

写真:福田 利行(ふくだ・としゆき)
福田 利行(ふくだ・としゆき)

株式会社両備システムズ

行政向けのGIS開発を長く経験。パッケージの企画や、上流工程から運用に至るまで幅広く従事した後、3年前から全社の技術力・生産性・品質に働きかけを行う部門を担当する。
定量的なプロジェクト管理をストレスなく実現できるように、Backlog活用を推進している。


写真:河内 一弘(かわち・かずひろ)
河内 一弘(かわち・かずひろ)

株式会社両備システムズ

テストエンジニアとしてキャリアをスタート。その後、開発エンジニアに転向し大手電機メーカー製ミドルウェアや組込みソフトウェアの受託開発やプロジェクトリーダーを務める。
2014年に品質管理部門に異動し、開発プロジェクトのプロセス改善や品質分析を行う傍ら、Backlogやテスト自動化などのツール導入を推進し、テクノロジーを用いた問題解決を目指して日々奔走している。