副委員長の意気込みを

Backlogというプロジェクト管理ツールを通してプロジェクトに悩み、そんな人たちが集まるJBUGが開催するBacklog Worldというイベントはいつもたくさんの新しい発見と出会いに満ちている。そしてシンプルに楽しい場。今回、そんなイベントの副委員長をやらえてもらえることになった。

私がJBUGに初めて参加した時の暖かい空気とBacklogのうまい使い方の話やプロジェクトマネジメントのうまいやり方・考え方を聞いて世界が広がったような気がして、それだけじゃなくて新たな出会いもあり、私が体験したこれこそがJBUGでありBacklog Worldなんだと思う。

どういうイベントを作り上げようかと運営メンバーと今もなお話し合いは続いているが、とにかく楽しい。
この楽しい空気が伝播して繋がって広がっていったらなんて素敵なんだろうと妄想するのです。

コロナ禍により人との繋がりが希薄になりつつある昨今、オンラインベントという形を通しても人と人とは繋がり合えると信じて、Backlog World 2021を作り上げていくぞー!!